/

この記事は会員限定です

ケンタッキー、500円ランチが導いた27年ぶり高値圏

証券部 田辺静

[有料会員限定]

「ケンタッキーフライドチキン」を展開する日本KFCホールディングスが、業績予想を上方修正するとの期待が高まっている。2019年4~9月期決算の時点で営業利益が20年3月期通期の予想を上回り、その後の既存店売上高も好調が続くためだ。足元の株価は27年ぶりの高値圏。今年、設立50周年を迎える「チキンの老舗」は株式市場の見方を大きく変えつつある。

「ランチ、ケンタッキーにしない?」。テレビCMでは様々...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1350文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン