熊本の18市町村、CO2排出ゼロ目指す 50年までに

2020/1/20 19:35
保存
共有
印刷
その他

熊本市は周辺の17市町村と構成する「熊本連携中枢都市圏」で、2050年までに二酸化炭素(CO2)の排出実質ゼロを目指すと発表した。熊本市の大西一史市長が18日、同市で開催された環境省主催のシンポジウムで明らかにした。

同都市圏は、人口減少の中でも持続可能な社会を実現するため、熊本市と周辺の市町村が連携して都市機能の集積や圏内産業…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]