2/26 20:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 日経平均続落、4カ月ぶり安値 新型コロナ拡大懸念[有料会員限定]
  2. 2位: 銀行に試練 前門に疫病、後門にフィンテック[有料会員限定]
  3. 3位: NYダウ大幅続落、消えた株安の防波堤 879ドル安[有料会員限定]
  4. 4位: 次はデフレかインフレか 新型コロナが照らすひずみ[有料会員限定]
  5. 5位: 世界株安、欧米で大きく 新型コロナが景気に影 米金利は最低に[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,122,879億円
  • 東証2部 70,238億円
  • ジャスダック 91,454億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.15倍 --
株価収益率14.55倍15.25倍
株式益回り6.87%6.55%
配当利回り2.08% 2.10%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,426.19 -179.22
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
22,330 -340

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「崔真淑のサイ視点」[映像あり]

2月26日(水)14:20

テスラとパナソニック 太陽電池の共同生産解消へ[映像あり]

女川原発2号機が正式合格 規制委審査

2月26日(水)13:00

[PR]

スクランブル

フォローする

「来期回復」半身の買い 中国景気・中東…業績に霧
証券部 須賀恭平

2020/1/20 20:18
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「企業業績の来期回復シナリオ」に投資家が乗り切れないでいる。世界的な株高に遅れないように、2021年3月期の業績回復を理由に銘柄を物色する動きはあるものの、中国景気の先行き不透明感などが妨げとなって勢いは乏しい。約28年ぶりの高値(2万4270円)を前に日経平均株価の上値の重さが目立つのも、根底にはこの問題がある。

この日の市場では「業績底入れにかける」(三井住友DSアセットマネジメントの石山仁…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム