ゲームは1日60分まで 香川、親に努力義務の条例素案

2020/1/20 19:07
保存
共有
印刷
その他

18歳未満の子どもがインターネットやゲーム依存症になるのを防ぐ全国初の条例制定を目指す香川県議会の委員会は20日、コンピューターゲームの利用時間を1日60分までとするルールを順守させるよう、保護者に努力義務を課す条例素案をまとめた。主にスマートフォンを使ったオンラインゲームを想定している。2月開会の県議会に条例案を提出し、4月の施行を目指す。

10日に示された素案はスマホの使用を1日60分までとしていたが、20日にゲームに限定する形で修正した。パブリックコメント(意見公募)を経て4月の施行を目指す。

素案は、県民を依存症に陥らせないため市町や学校と連携して啓発活動を行うことを県の責務と規定。学校は適正な利用について各家庭でのルール作りの必要性に対する理解が深まるよう、子どもへの指導や保護者への啓発を行うとした。

保護者はゲームの1日当たりの利用時間を60分(学校休業日は90分)までとし、スマホの利用は中学3年までは午後9時、それ以外は午後10時までとするルールを順守させるよう努めなければならないと明記した。

ゲームの開発事業者などには、オンラインゲームの課金システムなど依存症を進行させる恐れがあるものについて自主規制を求めている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]