暖冬でクマ冬眠できず? 東北、1月の目撃相次ぐ

2020/1/20 18:49
保存
共有
印刷
その他

山形県南陽市で1月、小学校付近をうろつくクマが現れた。同県での1月のクマ目撃は7年ぶりで、東北各地でも出没情報が相次ぐ。暖冬の影響で冬眠から目覚めて居場所を探したり、そもそも冬眠に入れなかったりした個体とみられ、住民は農業被害や人と出くわした際の事故発生を懸念している。

クマは本来、11月から12月中旬にかけて冬眠に入る動物。山形県によると、記録の残る2007年以降、1月にクマが目撃されたのは1…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]