/

この記事は会員限定です

東芝、量子暗号通信サービス開始 まず米国で20年度

[有料会員限定]

東芝は2020年度から盗聴やハッキングが事実上不可能とされる「量子暗号技術」を使った通信サービスを始める。機密情報を扱う政府や金融機関などから、暗号通信の利用料を得る事業モデルの構築を目指す。先端技術を使った成長戦略に位置づける。

まず米国で20年9月までをメドに金融機関や医療機関向けのサービスを始め、段階的に提供エリアを拡大する。量子暗号は光の粒子(光子)に暗号化や解読に使う「鍵」の情報を乗せ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り541文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン