/

この記事は会員限定です

[社説]政策も倫理も並行して議論する国会に

[有料会員限定]

通常国会が召集され、安倍晋三首相は施政方針演説で、全世代型の社会保障制度づくりなどを推進する方針を表明した。衆院議員の4年の任期の折り返し点をすぎており、年内の解散・総選挙の可能性も取り沙汰されている。有権者の選択の参考になる、わかりやすい論戦を期待したい。

政府・与党は提出予定法案を52本に絞り込んだ。途中で解散があった場合を除き、通常国会では過去最少だ。150日間の会期が終わる6月17日の翌日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り715文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン