/

この記事は会員限定です

[社説]入試改革、失敗の本質を探れ

[有料会員限定]

今年で最後となる大学入試センター試験が終わった。来年は大学入学共通テストに衣替えするが、導入する予定だった英語民間試験と国語などの記述式は土壇場で見送られ、教育現場は混乱した。

その反省を踏まえ、新たな入試制度を再設計する文部科学省の検討会議の議論が始まった。何が間違っていたのか。非公開だった政策の決定過程を明らかにし、徹底した検証を求めたい。

関心が高いのは英語試験だ。グローバル人材育成のために...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り597文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン