群馬・桐生市、群馬銀支店敷地内に観光情報センター

2020/1/20 18:02
保存
共有
印刷
その他

群馬県桐生市は20日、群馬銀行桐生支店(桐生市)の敷地内に観光情報センターを設置すると発表した。観光客の案内や地元物産の販売に活用する。群馬銀は同支店の敷地内にオープンスペースを整備し、市や地元企業に貸与。地域の祭りや音楽イベントなどに活用してもらう。自治体と金融機関で連携し、地域の観光振興につなげる。

オープンスペースも整備し、イベントなどに活用してもらう(イメージ)

桐生市観光情報センターは3月16日に開設する。群馬銀桐生支店の敷地面積は約3700平方メートルで、このうち約80平方メートルの敷地に同センターを建設する。施設には市職員が常駐し、観光振興業務を行う。

群馬銀も桐生支店の敷地内に約330平方メートルのオープンスペースを整備する。桐生市や桐生商工会議所と連携し、5月9日に「ぐんぎんフェス2020in桐生」を開催。県内産クラフトビールの販売や桐生市出身のジャスピアニスト、山中千尋氏によるライブを予定している。イベントは入行5年目の若手行員が企画した。

群馬銀は19年8月に桐生支店を新店舗に建て替えた。観光情報センターの開設に合わせ、桐生南支店(桐生市)を桐生支店内に移転・統合する。桐生南支店の通帳や口座は継続して使えるようにし、運営を効率化する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]