地銀、ギャラリーやバル併設 店舗に「にぎわい拠点」

地域金融
金融機関
北陸
中国
四国
富山
山口
徳島
2020/1/20 18:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

地方銀行で、顧客以外の人が利用できるにぎわいスペースを店舗内に設ける動きが広がっている。ネットバンキングやキャッシュレス化が進み、店舗の役割は低下している。にぎわい拠点としての存在感を高めて、幅広い人との接点づくりにつなげる。

阿波銀行が2019年12月中旬に開業した「本店営業部」のビルは、徳島市内でかつて、にぎわいの中心だった東新町商店街の玄関口に建てられた。4階建てで延べ床面積約5000平方…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]