盛岡市と岩手県、新野球場を多目的施設に

東北
岩手
2020/1/20 17:59
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

盛岡市と岩手県は市内の公園に共同で整備する新野球場について、清水建設などのグループを事業主体に選定した。同グループは幅広い世代が利用できる多目的施設として整備する計画を提案している。市と県は民間資金を活用して整備を進める。2021年4月に着工し、23年4月の利用開始を目指す。

清水建設東北支店など7社でつくるグループの提案書によると、新たに建設する「盛岡南公園野球場(仮称)」は観客2万人を収容し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]