神奈川県内19年の新車販売、1%減 10月以降落ち込む

2020/1/20 17:50
保存
共有
印刷
その他

神奈川トヨタ自動車が20日発表した2019年の神奈川県内の新車販売台数(軽自動車含む)は18年比1%減の28万4953台だった。消費増税や台風被害による営業日減などの影響で10月以降の数字が落ち込んだ。無資格検査問題の影響を受けた18年に続き、2年連続で前年を下回った。

10~12月の四半期だけで見ると、販売台数は前年同期比13%の減少だった。新車登録には平均1~2カ月かかることから、10月から…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]