SUBARU、2030年に世界販売4割を電動車に - 日本経済新聞
/

SUBARU、2030年に世界販売4割を電動車に

SUBARU(スバル)は20日、2030年までに世界販売台数の40%以上をハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)などの電動車にすると発表した。20年代前半にトヨタ自動車と共同開発したEVを投入する。同社のHV技術を採用することで、30年までに全車種に電動車を設定することをめざす。

同日都内で開いた技術説明会で明らかにした。トヨタのシステムを採用したHVを20年前半に投入する。トヨタと共同で開発を進める多目的スポーツ車(SUV)のEVのデザインコンセプトを世界初公開した。

電動車のラインアップを拡充し、電動車が占める比率を現在の約2%から30年までに40%以上に高める。

スバルは19年9月にトヨタの追加出資の受け入れを決めた。スバルが現在、北米で販売するプラグインハイブリッド車(PHV)のSUV「クロストレック」に加えて、トヨタのHVシステムを搭載する車種を拡大するなど電動化領域で提携を拡大する。

電動車比率を引き上げ、50年に販売する新車の二酸化炭素(CO2)の平均排出量を10年と比べて9割以上削減するシナリオも示した。

中村知美社長は「100年に1度の変革の時代でも、(トヨタとの)アライアンスを活用しながら、基幹技術の開発を加速していきたい」と強調した。トヨタが得意とするHVシステム、スバル独自の水平対向エンジンを組み合わせるなど、双方の強みを融合したクルマづくりを進める。(為広剛)

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません