/

この記事は会員限定です

今国会、特派員の注目は? 「改憲なぜ今」首相説明を

[有料会員限定]

安倍晋三首相は20日に開会した通常国会の施政方針演説で、年金・医療・介護などを包括的に見直す全世代型社会保障改革の実現を強調した。自身の悲願である憲法改正に関しても国会での議論を呼びかけた。今国会でどのような点に注目するかについて、東京に駐在する米中ロなど6人の記者に聞いた。

社会保障、コスト論より道筋示せ

経済面では少子高齢化問題など「課題先進国」である日本の対応への注目度が高かった。仏紙ルモンドのフィリップ・メスメール氏は「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1269文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン