/

この記事は会員限定です

韓国与党「文在寅直系」大量擁立へ 4月総選挙

[有料会員限定]

【ソウル=恩地洋介】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権の中間評価となる韓国総選挙が3カ月後に迫り、候補者擁立や政党再編を巡る与野党の動きが活発だ。少数の革新系与党は過半数を上回る議席獲得をめざし、文氏の下で働いた元秘書官ら約70人の「文チルドレン」を擁立する構え。分裂する保守系野党は再編が課題だが、新たな選挙制度も逆風となり再建の道は険しい。

4年ぶりの総選挙は4月15日に投開票される。文氏が任期...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1153文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン