/

この記事は会員限定です

ファンド、親子上場に収益機会

[有料会員限定]

親子上場とその関係の見直しはカネ余りによる収益低下に直面する投資ファンドの重要な収益機会となっている。上場子会社は株価が割安に放置されているケースが多く、親会社や第三者がTOB(株式公開買い付け)などを通じて親子上場関係を解消しようとするタイミングで株価の値上がり益を得やすいためだ。親子上場の解消が進むなかで、収益確保を狙うファンドの動きが一段と活発になりそうだ。

SMBC日興証券によると、親会社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り675文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン