浜松ホトニクス、3年で600億円投資 高性能センサー生産

2020/1/20 15:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

浜松ホトニクスは2022年9月期までの3カ年で計600億円の設備投資を実施する。過去3年間の実績より3割増やす。自動車の自動運転やドローンなどの普及により需要増が期待される高性能センサーなど光関連部品の成長に備えて、生産設備を増強する。世界経済の先行きの不透明感は強いが、長期の成長に向けた基盤づくりに取り組んでいく構え。

今後3カ年の設備投資では、20年9月期に246億円、21年9月期に226億…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]