/

この記事は会員限定です

藤田庸右氏 思惑相場で起死回生

[有料会員限定]

小豆など雑穀相場が投機市場で賑わっていた昭和40年代の出来事である。藤田庸右が事実上の経営トップであった商品取引業の株式会社藤忠が経営危機に陥る。兄の晋が大亡豆相場で起死回生を図る作戦に出た。銀行出身の晋にすれば思い切った手を打ったものだ。産地北海道の天候不順→凶作で60キロ3000円台の大手亡豆が5000円台を突破し、8000円台にまで暴騰する。晋の作戦はものの見事に成功したかに見えた。

「だが、仕...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1346文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン