/

空港から移動ラクに、日の丸交通などがMaaS実験

自動運転モビリティなどを活用したMaaSの実証実験(20日、東京都千代田区)

日の丸交通(東京・文京)や自動運転技術の開発を手がけるZMP(同)などは20日、羽田空港や成田空港から東京都心部まで複数の乗り物を乗り継ぐ「MaaS」の実証実験を始めた。自動運転タクシーや1人乗りの自動運転車両も活用し、スマートフォンのアプリで事前に登録した目的地までスムーズに移動できる。

実証実験では成田空港・羽田空港と東京シティエアターミナル(東京・中央)を行き来するリムジンバス、同ターミナルと丸の内パークビルディング(同・千代田)を結ぶ自動運転タクシー、丸の内エリアを走るZMPの電動自動運転車「ロボカーウォーク」を乗り継ぐ。20日午前には外国人男性が実際に利用した。

乗客は専用のアプリであらかじめ目的地を登録し、スマホでタクシーなどに付いたQRコードを読み込めば、運転手に説明したり操作したりすることなく勝手に運んでくれる。実証実験は2月1日まで。事前に申し込んだ人が利用できる。

タクシーの運転はシステムが全て手がけるが、緊急時などでは運転席に乗っているドライバーが介入する。一方、ロボカーウォークはハンドルやアクセル、ブレーキがなく、運転は完全にシステムに任せる。

20日午前の式典でZMPの谷口恒社長は「スマホアプリを使い、ワンストップで(複数の乗り物を)利用できる『東京版MaaS』をめざす。ロボカーウォークでラストワンマイルの移動もサポートする」などと意気込んだ。

日の丸交通の富田和孝社長は「実験ではあえて難易度の高いルートを選んだ。他の交通機関との連携も含めてしっかり検証していく」と話した。式典後の取材では運転手が要らない完全自動運転タクシーについて「数年後に限られたルートで始めることをイメージしている」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン