[FT]人材大手の業績低迷が暗示する世界経済の行方

英EU離脱
FT
2020/1/20 13:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

オーストラリアの森林火災、フランスの大規模ストライキ、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)に伴う不透明な先行き――。これらの要因が、ただでさえ低迷している世界経済の足かせとなっているようだ。経済の先行指標でもある多国籍人材サービス企業の業績にも、2019年第4四半期はその影響が見てとれる。

主要市場での混乱が影響

英中型株指数「FTSE250」銘柄の人材サービス大手、ヘイズとペイジグループ…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]