2/20 23:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 円下落、10カ月ぶり112円台 景気減速、新型肺炎懸念で[有料会員限定]
  2. 2位: 「日経平均優位」に潜む危うさ 先物空中戦、相場かく乱[有料会員限定]
  3. 3位: 前田道路、増配で「資産価値下げ」実るか 前田建TOB対抗[有料会員限定]
  4. 4位: 海外買収、大型案件相次ぐ 減損リスクも[有料会員限定]
  5. 5位: 前田道路、535億円の特別配当 敵対的TOB対抗で大幅上げ[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,377,741億円
  • 東証2部 73,520億円
  • ジャスダック 95,733億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.20倍 --
株価収益率15.16倍15.89倍
株式益回り6.59%6.29%
配当利回り1.99% 1.99%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,479.15 +78.45
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,510 +140

[PR]

マーケットニュース

フォローする

「株式貯蓄」再び?(十字路)

2020/1/22 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

このコラム「十字路」が今の形でネットで読めるのは1980年代からで、その頃の記事を見直すと個人の株式投資家の減少をテーマにしたものが多くみられる。

その問題に対して、当時の証券会社が編み出したのが「株式貯蓄」という言葉だ。比較的リスクが低い優良株への長期投資を個人に促すという戦略だった。さらに電話で株式を販売する営業を「テレフォン貯蓄」と呼ぶ会社もあったようだ。「蓄える」という語感で安心させよう…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップマーケットトップ

マーケットニュース 一覧

フォローする

読まれたコラム