/

この記事は会員限定です

SAP移行進まぬ「2025年問題」 1000社超を直撃か

[有料会員限定]
日経クロステック

統合基幹業務システム(ERP)世界最大手の独SAPがパッケージ製品「SAP ERP(別名SAP ECC 6.0、以下ECC)」の標準サポート期間を2025年で終了するとしていた「2025年問題」。サポート終了後は新たな税制・法改正などに対応できなくなるため、日本で2000社とされるECCのユーザー企業は基幹系システムを刷新しなければいけない。SAPは2月4日(現地時間)、サポートを27年まで2年間...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2809文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン