/

福島の年間漁獲量、再開後で初の減少 不漁と台風響く

東京電力福島第1原子力発電所事故で海域と魚種を絞った試験操業が続く福島県沖の2019年の年間漁獲量が12年の試験操業開始後、初めて減少に転じることが関係者への取材で分かった。徐々に漁獲量を回復させてきたが、コウナゴの不漁と台風19号に伴う休漁が影響した。

近く公表される19年の漁獲量の速報値が4千トンを下回り、18年の計約4010トンから減少する。県によると、18年は漁獲量全体の約25%をコウナゴが占めたが、19年は不漁でゼロだった。台風19号で出漁日が減ったことも響いた。

福島県沖では原発事故後、全面的に漁を自粛。12年6月に試験操業が始まった。事故前の10年は約2.6万トンの漁獲高を誇ったが、再開後初めて通年で操業が可能になった13年は約400トンにとどまった。その後は毎年漁獲量が増加していた。

コウナゴはイカナゴの稚魚。西日本での不漁の影響で需要があり高値で取引されていた。近年の海水温上昇が不漁の原因とみられる。県の担当者は「台風は一時的だが、コウナゴの不漁はしばらく続くかもしれない。狙う魚種の変更を考える必要があるかもしれない」と話している。

〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン