鉄道発祥の地にSL帰る 横浜・桜木町駅前に展示

2020/1/21 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

JR東日本は今春、桜木町駅(横浜市中区)前で開業する複合ビルで蒸気機関車(SL)を展示する。1872年(明治5年)に日本で初めて鉄道が開通した際に運行していた車両を改修して常設展示する。再開発が進む駅周辺の新たなシンボルとして、街のにぎわいづくりに役立てたい考えだ。

桜木町駅は新橋―横浜間で鉄道が開業した際の横浜駅だった。2022年に鉄道開業150周年を迎えるのを前に、「鉄道発祥の地」をあらため…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]