中国新型肺炎、北京や深圳にも拡大 発症200人超

2020/1/20 11:18
保存
共有
印刷
その他

新型コロナウイルスについて注意を呼びかけるポスター(羽田空港国際線ターミナル)

新型コロナウイルスについて注意を呼びかけるポスター(羽田空港国際線ターミナル)

【大連=渡辺伸】中国の湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎を巡り、同市衛生当局は20日、19日時点で武漢市の死者が1人増えて3人になったと発表した。患者数も136人増えて計198人になった。一方、北京市と広東省深圳市では20日、計3人の発症が確認された。武漢以外の中国での発症は初めて。中国全体の発症者は計201人。浙江省も20日、5人に感染の疑いがあると発表した。

中国で患者数の増加が確認されたのは4日連続。武漢市当局によると、新たに発症したのは25~89歳の男女136人。18日までに発症した。計198人の患者のうち、3人が死亡、35人が重症で、25人が退院した。

一方、北京市大興区は20日、北京で武漢へ旅行したことがある2人の発症を確認したと発表した。隔離されて治療を受けており、症状は安定しているという。広東省の衛生当局も20日、深圳に住む男性(66)の発症を確認したと発表した。昨年12月29日に武漢を訪れ、3日に発熱していた。

浙江省の衛生当局も20日、武漢から同省にある杭州市や温州市など4都市を訪れた5人に感染の疑いがあると発表した。「感染が確認され次第、速やかに公表する」としている。

武漢市当局は14日以降、空港や駅、長距離バスの発着所などに据え置き型や手持ち式のサーモグラフィーを330台以上配備した。17日までに延べ約30万人の体温を測り、発熱した16人を発見したが、新型肺炎への感染は確認されていない。

海外での新型コロナウイルスによる肺炎の患者はタイで2人、日本で1人確認されている。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]