/

この記事は会員限定です

ロッテ創業、一代で10兆円財閥 重光武雄氏死去

[有料会員限定]

「私は一貫製鉄所をつくりたかったんですよ」。ロッテグループ創業者の辛格浩(シン・ギョクホ、日本名は重光武雄)名誉会長を知る日本の経済人は、こう語った辛氏の悔しそうな表情が忘れられない。

ロッテによる鉄鋼業進出は夢想ではなかった。韓国ポスコの製鉄所建設に協力した日本人技術者の回顧録によると、辛氏は1968年、富士製鉄(現日本製鉄)の永野重雄社長を訪ねて技術協力を要請。永野氏も快諾したというのだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り844文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン