宇宙・サイバー 人員拡充 防衛省、自衛隊の定員見直し

2020/1/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

防衛省は2020年度から宇宙やサイバーといった新領域での防衛を強化するため人員配置を見直す。陸上、海上自衛隊の定員を計100人超減らし、宇宙防衛を担う航空自衛隊やサイバー防衛にあたる陸海空の共同部隊などの人員を拡充する。新領域に対応する部門に人員を手厚く配置し、国際的な安全保障環境の変化に備える。

防衛省は20日召集の通常国会に防衛省設置法の改正案を提出し、自衛隊の定数を改める。近く改正案を閣議…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]