/

この記事は会員限定です

政府、安保で新シンクタンク 民間技術転用を研究

[有料会員限定]

政府は、量子技術や人工知能(AI)など民間技術を安全保障分野に転用するためのシンクタンクを2021年度に創設する方針だ。国内外の公的機関や民間企業、大学が持つ技術や知見を幅広く集めて調査・研究する構想だ。テロやサイバー攻撃など新たな脅威の分析や軍事を含む実務に取り入れていく。

国際社会では最先端技術を使って軍事能力を高める動きが広がっている。AIを使った新型兵器や攻撃型ドローン(無人機)、人工衛星...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り892文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン