2メートル超、世界最大の花咲く 茨城の植物園

2020/1/18 22:07 (2020/1/18 22:09更新)
保存
共有
印刷
その他

インドネシアの熱帯雨林で自生し、世界最大の花とされる「ショクダイオオコンニャク」が18日、茨城県つくば市の国立科学博物館筑波実験植物園で開花した。

植物園によると、高さ約2.3メートルで、18日夜時点の直径は約90センチ。この株が咲くのは5回目となる。開花は数年に1度で夏が多いといい、担当者は「冬は初めて。1日に20セ…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]