/

この記事は会員限定です

伊藤園やコストコ、安全認証の農産物調達 取得支援も

[有料会員限定]

伊藤園などの食品大手やコストコホールセールジャパン(川崎市)などの小売りが、農産物の安全認証「GAP」(農業生産工程管理)を取得した青果の調達を本格化させる。2020年の東京五輪で使う食材で認証が条件とされたことで取得をめざす農家が増加。国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」への関心の高まりもあり、企業は農家の支援などで安全や環境を重視する消費者に応える。認証の普及は国内農業の競争力強化にもつながる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1463文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン