/

この記事は会員限定です

監査法人、10年超継続が7割 交代で質の低下を懸念

味の素68年、三井不58年

[有料会員限定]

上場企業のうち、監査法人を10年以上変えていない企業が、継続年数を開示した企業の中で7割にのぼることがわかった。味の素は68年、三井不動産は58年と超長期にわたるケースも多い。日本経済新聞が理由を調査したところ、企業への理解度が下がれば監査の質が低下しかねないことなどがあがった。欧州では10年で交代させる制度を導入したが、金融庁は国内では見送る方針だ。企業と監査法人のなれ合いをどう防ぐか、正解が見えにくくなってい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1222文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン