再生エネ、地域越え連携 太陽光など一括制御に免許制

2020/1/18 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大規模な発電所が主力だった電力供給が、各地域にある小さな再生可能エネルギー施設が連携して発電する「分散供給」に向けて動き出す。経済産業省は分散した発電所をまとめて運用する仮想発電所(VPP)事業に免許制を導入する。VPPは天候によって出力が変わる太陽光や風力を多数まとめて供給を安定させる。再生エネの普及に欠かせない仕組み作りが日本でも始まる。

経産省は2020年の通常国会に免許制を盛り込んだ電気…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]