IR整備、政府内に先送り論も 贈収賄事件受け

2020/1/19 0:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

カジノを含む統合型リゾート(IR)参入に関する贈収賄事件を受け、20日召集の通常国会でIR整備が大きな焦点となる。立憲民主党など野党4党は整備計画の凍結を求める構えで、政府内には世論の反応を見極めるため手続きの先送り論も浮上してきた。まずは月内の正式決定を予定している整備計画の選定基準などを示す基本方針の扱いを慎重に判断する。

東京地検特捜部が14日に衆院議員の秋元司容疑者を収賄容疑で再逮捕する…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]