勝ち組企業にマネー集中 時価総額1000億ドル超が急増

2020/1/19 0:14
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界の株式市場で、デジタル時代の「勝ち組企業」に投資マネーが集中する構図が強まっている。アップルなど米国の時価総額トップ5のシェアは米市場で14%と過去30年強で最大の「寡占度」だ。世界に広げても、時価総額が1000億ドル(約11兆円)を超す企業の数は1年あまりで4割強増えた。赤字の新興企業への期待が後退し、デジタル化の変化の波に乗りながら、しっかり利益を増やす企業の人気が一段と強まっている。株…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]