/

この記事は会員限定です

畑違いの空港運営で手応え 東急社長が説く「挑戦」

東急社長・高橋和夫さん(5)

[有料会員限定]

東急社長、高橋和夫さんの半生をたどる連載の最終回は、目下の課題について。百年に一度といわれる渋谷の再開発に取り組む一方、後進の育成にも心を砕く。

◇   ◇   ◇

 バス事業一筋で20年以上過ごした後、2010年に本社の執行役員に就いた。

本社に戻った後は、経営企画の仕事が長かったです。思い出深いのは、新規事業として担当した空港運営を受託するコンセッション事業です。部下からのアイデアでしたが、言われてみ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1195文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン