/

この記事は会員限定です

ネット時代、狙われる祭典 五輪の「穴」を塞げ

緊迫サイバー攻防戦(1)

[有料会員限定]

演習開始から5分。想定状況を知らせるメールが届く。「法人向けの専用ネット回線で全国的に通信ができなくなっています」。東京都水道局浄水部の設備技術担当課長、川越信幸は「国立競技場に水を送り出せなくなる恐れがある」と判断。給水システムを手動で動かす準備を始めるよう部下に指示を出した。

2020年東京五輪・パラリンピックに備え、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は19年11月、大規...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1414文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン