/

この記事は会員限定です

親子上場銘柄は狙い目? 次の「解消ペア」に市場関心

[有料会員限定]

親子上場の解消が進んでいる。企業統治が不透明との批判は強く、完全子会社化したり売却したりする事例が増えている。市場では親子上場の解消は「買い材料」と見なされることが多く、次の候補探しに注目が集まっている。

東芝(6502)は17日、半導体製造装置の上場子会社、ニューフレアテクノロジー(6256)へのTOB(株式公開買い付け)が成立したと発表した。ニューフレアの約16%の株を持つ東芝機械(6104)が、東芝のTOBへの応募を決めたため...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2072文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン