始まった空の共有 北海道7空港の未来予想図

2020/1/20 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北海道の主要7空港が民営化され、経営権は北海道エアポート(北海道千歳市)に引き継がれた。来春までに産声を上げるのは、オランダの2倍にあたる広大な大地を背後に持つ巨大空港。4000億円超の大型投資をテコに、北海道の空の競争力をどこまで引き上げられるか。30年に及ぶ長い挑戦が始まった。

7空港の30年後の旅客数は4580万人と、18年の成田空港(千葉県成田市)を上回る。原動力は現在の2.4倍の142…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]