/

この記事は会員限定です

列島防災にAI活用 災害画像分析、自治体導入広がる

[有料会員限定]

人工知能(AI)やSNS(交流サイト)などを活用して防災に生かす取り組みが各地の自治体で広がっている。災害情報をSNSから自動で収集したり、AIアナウンサーを活用した災害放送を行うなど様々なIT(情報技術)を駆使。防災や減災への効果を発揮したケースもある。最新技術の導入で減災社会の実現への貢献を目指す。(佐藤未乃里)

「神戸市西区で火事」「えらい事なっとる」――。神戸市役所(神戸市中央区)の危機...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1076文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン