デジタル化を武器に攻勢 アジアのユニコーン、試練の年

2020/1/18 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2019年はシェアオフィス大手「ウィーワーク」を運営する米ウィーカンパニーが上場延期に追い込まれるなど、想定時価総額10億ドル(約1100億円)超の未上場企業「ユニコーン」の失速が目立った。資金調達環境も好転が見られないなか、アジアの有力テック企業は今年、どう勝ち残ろうとしているのか。香港とシンガポールを代表するユニコーン2社に戦略、展望などを聞いた。

■香港 クルック 旅の提案 分析で磨く

旅行…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]