CO2排出「マイナス」時代へ 投資家、ESG対応促す

SDGs
2020/1/17 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

企業に環境対策などを求める「ESG」の動きが強まるなか、温暖化の原因である二酸化炭素(CO2)の排出量を純減させる「カーボン・ネガティブ」に取り組む企業が広がってきた。米マイクロソフトは16日、2030年までに達成を目指すと発表した。欧米企業は25~30年に再生可能エネルギーで排出量を減らす従来の活動から新たな局面に入り、日本企業も対策の見直しを迫られる可能性がある。

「早急に行動を起こすべき1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]