/

この記事は会員限定です

不動産のアル・ホーム、廃業イチゴハウスでキクラゲ栽培

[有料会員限定]

不動産業のアル・ホーム(栃木県真岡市)は、廃業した農家のイチゴハウスなどをキクラゲの栽培に活用する取り組みを始める。骨組みは維持したままシートを貼り替え、キクラゲの生育に適した暗い環境を作る。真岡市は県内一のイチゴ生産量を誇るが、農家の高齢化も進んでいる。イチゴとの収穫時期の違いも生かしてキクラゲを新たな名物に育てたい考えだ。

同社は太陽光パネルの陰になる場所のキクラゲ栽培に興味を持ったことをきっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り594文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン