京都市長選19日告示、観光・交通政策と財政再建が争点

2020/1/18 4:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

任期満了に伴う京都市長選が19日告示される。世界中から観光客が集まる京都市では、観光振興と市民生活との両立が大きな課題にあがる。厳しい市財政のなか、市民生活をどのように守るかが問われそうだ。2月2日に投開票される。

4選を目指す現職の門川大作氏(69)=公明、自民京都府連、立民府連、国民府連、社民府連推薦=、弁護士の福山和人氏(58)=共産、れいわ新選組推薦=と市議の村山祥栄氏(41)の3人を中…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]