住友金属鉱山、HV用に増産体制 電池正極材料

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
2020/1/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

住友金属鉱山は車載電池で使う正極材材料の生産体制で、電気自動車(EV)向けからハイブリッド車(HV)向けへのシフトに乗り出す。足元で約9割をEV向けが占める状況で、EV需要は国内外の補助金政策や景気に左右されやすい。同社はHV向けの生産能力を2027年までに約10倍に増強する構想。HV向けの比率を4割に高め、受注量の変動リスクを抑える。

住友鉱山は27年までに計350億円を投じ、電池材料を増産す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]