聖路加病院、長時間労働にメス 医師の残業3分の1に

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
2020/1/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

長時間労働が半ば当たり前の医療現場で、聖路加国際病院(東京・中央)の時短改革が際立っている。医師400人余りの平均残業は月30時間台と数年前の3分の1。土曜休診やベテラン医師の夜勤などの体制変更に加え、医師本人には「自己研さんは業務にあらず」「勉強は自宅で」との意識を徹底させた。激務で知られる医療機関の働き方改革を追った。

朝8時の救命救急センター。夜勤を終えて疲れた顔の医師3人と、出勤したての…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]