/

この記事は会員限定です

公取委の実力は世界標準か 企業との間に緊張高まる

新分野の違反 不明確/先行する欧米当局は…

[有料会員限定]

公正な取引を求める独占禁止法の適用範囲が広がるにつれて、競争当局と企業の間の緊張は高まっている。IT(情報技術)など新分野では「独占」をどう測るかが定まっておらず、違反行為の線引きは必ずしも明確ではない。規制とイノベーションのバランスをどう保つのか。競争当局にも世界標準の執行力が問われる。(世瀬周一郎)

「優越的地位の乱用」巡る課徴金、企業は「不服」

2019年11月、家電量販店のエディオンは公正取引委員会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2994文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン