神戸、阪神大震災機に転換模索 重厚長大から新産業に

阪神大震災25年
2020/1/17 18:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

阪神大震災から25年、大打撃を受けた神戸経済が産業構造の転換を進めている。円高やバブル経済の崩壊を受けていた重厚長大産業に震災は追い打ちになり、変化を突き付けられた。危機をてこにゼロからスタートした医療産業は芽が出始め、水素関連など新産業の育成や起業支援にも着手。日本全体が転換を迫られるなか、変貌の模索は日本の針路とも重なる。

オーストラリアでつくった水素を日本に輸出する川崎重工業などのプロジェ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]