/

この記事は会員限定です

ロシアの原子力が世界を席巻 米に燃料供給 日本は距離

[有料会員限定]

ロシアの原子力技術が世界を席巻し、日米欧を揺さぶっている。日本が建設を断念した次世代原子炉は実用化直前までこぎ着け、水面下では日本に技術協力を呼びかける。ウラン濃縮の分野では米国のウラン燃料の最大供給者だ。中国やインドの原発にも技術支援する。日本の停滞などを尻目にロシアが着々と地歩を固めている。

2019年8月、ロシア国営の原子力企業「ロスアトム」は浮体式原子力発電所「海上原発」の航行を始めた。シ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1058文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン