/

この記事は会員限定です

オリンパス、連日で上場来高値 コスト削減に期待感

[有料会員限定]

17日の東京株式市場でオリンパス株が一時前日比37円(2%)高の1810円まで買われ、上場来高値(株式分割考慮後)を3日連続で更新した。アナリストの目標株価引き上げが相次いだことが買い材料になっている。内視鏡など医療機器が好調なうえ、コスト削減を強化する姿勢を示したことが好感されている。

終値は29円高の1802円だった。信用取引の売り方の買い戻しも株価を押し上げたようだ。

オリンパスは2019年11月に発...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り335文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン