北海道銀が「ウポポイ休暇」創設、入場料も補助

インバウンド
2020/1/17 17:30
保存
共有
印刷
その他

ウポポイは国立アイヌ民族博物館など複数の施設を備える(北海道白老町)

ウポポイは国立アイヌ民族博物館など複数の施設を備える(北海道白老町)

北海道銀行は4月24日に開業するアイヌ民族の文化を体験できる民族共生象徴空間(ウポポイ、北海道白老町)に合わせ、同施設を初めて訪問する場合に休暇扱いとする「ウポポイ休暇」を創設する。行員と扶養家族による初回訪問分の入場料も全額補助し、ウポポイの客数増に一役買う。

休暇は有給休暇とは別枠で認めるもので、対象となる行員は約2700人。ウポポイの入場料は大人1200円、高校生600円、中学生以下は無料。ウポポイは年間の来場者数100万人を目指している。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]